読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の記録

学習時の備忘録や思いついた事をダラダラ記載

エアーポンプのコスパを比較してみた

アクアリウム

価格は2015/12/27時点

メーカー シリーズ 型番 吐出量(cc/分) 吐出量調節 消費電力(W) 口数 騒音レベル(db) 本体最安値(送料込) スペアパーツ最安値(送料込)
水作 水心 SSPP-7S 2,000 × 2.5 1 非公開 942円 595円
水作 水心 SSPP-3S 2,500 2.8 1 非公開 1,570円 870円
水作 水心 SSPP-2S 3,500 3.6 1 非公開 2,360円 1,850円
ジェックス E-AIR 1000SB 800 × 1.2 1 非公開 655円 275円
ジェックス E-AIR 1500SB 1,000 × 2 1 非公開 780円 325円
ジェックス E-AIR 2000SB 500~1,500 2.1 1 非公開 1,050円 376円
ジェックス E-AIR 4000WB 500~2,000 1.9 2 非公開 1,340円 591円
ジェックス E-AIR 6000WB 800~2,500 2.7 2 非公開 1,685円 582円
ジェックス E-AIR 9000FB 500~2,500 8 4 非公開 3,890円 582円
テトラ OX OX-30 不明 × 1.5 1 非公開 795円 422円+送料
テトラ OX OX-45 不明 1.9 1 非公開 958円 644円+送料
テトラ OX OX-60 不明 2.2 2 非公開 1,515円 1,362円
テトラ OX OX-75 不明 3.3 2 非公開 1,790円 819円+送料
NISSO サイレントβ NPS-001 800~1,700 × 1.2 1 非公開 737円 285円+送料
NISSO サイレントβ NPS-002 1,200~1,900 × 1.5 1 非公開 783円 315円+送料
NISSO サイレントβ NPS-003 1,000~2,500 2.2 1 非公開 1,000円 385円+送料
NISSO サイレントβ NPS-004 1,600~5,200 2.9 2 非公開 1,390円 558円+送料
NISSO HPα-10000 Nα-10000 10,000 不明 10 4 非公開 5,900円 255円
安永 AP AP-30 30,000 × 25 1 32 8,899円+送料 不明
安永 AP AP-40 40,000 × 32 1 34 10,650円 不明
安永 AP AP-60F 60,000 × 35 1 38 11,900円+送料 不明
安永 AP AP-80F 80,000 × 51 1 38 16,800円+送料 不明
キョーリン ハイブロー C-8000 3,500~8,000 4.5~8.5 1 27~30 7,440円 3,173円+送料


長期的なランニングコストを考えると、本体価格以外にもスペアパーツの価格も考慮する必要があるだろう。

また、スペアパーツの入手のしやすさも重要になってくる。

「水作の水心シリーズ」は静音性が高いというレビューが多いが、スペアパーツの価格が割高となっている。

「ジェックスのE-AIRシリーズ」に関しては、静音性は期待出来ない(ある程度抑えることは可能。この記事を参照。)が、本体・スペアパーツ価格が共にかなりリーズナブルである。

今後生体の数を増やす予定がある場合には、思い切って「ハイブロー C-8000」か「安永のAPシリーズ」を初めから購入してしまうほうが、ランニングコスト・メンテナンスの手間が抑えられるので、一考してみる価値はあるだろう。