読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の記録

学習時の備忘録や思いついた事をダラダラ記載

ブルーレイディスク(BD-R)を長期保存する為の対策

DIY 除湿

ブルーレイディスク(以下BD-R)は、湿気、高温、紫外線に弱いとされている。

亜熱帯化しつつある日本では、BD-R等の記録メディアにとって過酷な環境となっている。

そこで、いかにしてBD-R等の記録メディアを長期保存するかを実践してみた。

まずは、湿気対策として下記の物を購入した。

東洋リビング モバイルドライ 除湿ユニット MD-2

なんでも除湿シリカゲル 1kg

 EMPEX (エンペックス) 温・湿度計 スーパーEX高品質温・湿度計 卓上用 EX-2718 シャンパンゴールド

密閉バックルコンテナ MBL-45 クリア

ジップロック フリーザーバッグ 中 54枚入

トキワのお茶パック M 60枚入

 

手順としては、下記の通り。

①.保存したいBD-R等の記録メディアをジップロックに入れる。

②.ティーバッグの中にシリカゲルを適量入れ、ホチキス・クリップ等で止める。

③.①の中に②を入れ、ジップロックの口を閉じる。この時、中の余分な空気を抜くのがポイント。

④.③を密閉バックルコンテナに入れ、同時に除湿ユニット、温湿度計も入れる。

⑤.密閉バックルコンテナの蓋を閉めて完成。

可能ならば、低温低湿の部屋で行うと良い。


後は、この密閉バックルコンテナを紫外線・高温から守る為に、低温・暗所に保管する。

時々、密閉バックルコンテナの中の温湿度計を目視確認しながら、湿度が上がってきたら除湿ユニットをリセットし、再投入する。